日記一覧 2ページ目 | 熊本市周辺の不動産をお探しなら有限会社OCEANにお任せ下さい。

熊本市の不動産はくまもと住宅の窓口(有限会社OCEAN)

営業時間10:00~19:00(事前予約で18:00以降のご案内も可能です!)定休日水曜日

その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

こんにちは!

くまもと住宅の窓口です。

本日はバレンタインデーですね♪ なんか未だにワクワクしますね^^

 

不動産豆知識【No,6】NEW★☆南向きの家☆★

物件を探すときには耳にされると思いますが、

「南向き」ってなにがどうなっていたら南向きなのって疑問になりませんか?

これって道路に対してとかじゃないんです!

建物の面で大きな窓があったりと開かれた部分が多い面がどの方向を向いているかとなります!

とは言っても採光の為、ほとんどの家が南向きに近くなっています。


日当たり良好のお家でゆっくりするのは気持ちいいですよね!

投稿日:2019/02/14   投稿者:吉田 光誠

こんにちは。

くまもと住宅の窓口です。

私、いい天気だと趣味のドライブに出かけます(^^♪

本日はそんな道路と建物の関係についてご紹介致します。

 

不動産豆知識【No,5】NEW★☆セットバック☆★

 

土地が接している道路において幅員(幅)が4m未満の場合

敷地のセットバックが必要になります。

セットバックは上記のような場合に道路の中心線より2mの位置まで後退することです。

反対の片側に2mの後退ができない場合は、反対側の道路境界線より4mの位置まで敷地をセットバックする必要があります。セットバック部分の敷地に建物を建てることはできません。

利用できる敷地が限られてきますので、購入される上で土地と道路の関係は確認が必須ですね(^^)/

 

その他にも土地と道路の関係は様々ございます。

それはまた別の機会にご紹介していきたいと思います。

投稿日:2019/02/10   投稿者:吉田 光誠

こんにちは!

くまもと住宅の窓口です!

2月に入り冷え込み厳しくて風邪を引かないように手洗いうがいを毎日しています(^^)/

 

今回は不動産豆知識【No,4】NEW★☆お家の数え方☆★です。

 

戸建てやマンションやお家にも種類がありますね。

数え方も様々あるんです!

一軒~、一戸~、一棟~・・・

戸を使う場合は、世帯数を数えています。

棟は建物全体を指すことになります。

軒は、家屋を数えるときに使います。

マンションでも各お家を数える場合は〇戸といいます。

 

今回はご存知の方も多いと思いますが、豆知識としてご紹介しました(^^)

戸建や土地メインで掲載を進めておりますが、今後マンションもアップしていきたいと思います。

今後ともくまもと住宅の窓口を宜しくお願い致します。

投稿日:2019/02/09   投稿者:吉田 光誠

こんにはー!

住宅の窓口です。

最近また地震が増えてきた気がします。地震がくるとやっぱり焦っちゃいますね(*_*)

建物の地震対策耐震・制震・免震ってあるのご存知でした?


簡単にいうと

耐震は「揺れに耐える」、制震は「揺れを吸収する」、免震は「揺れを伝えない」です。

かなり簡単に書きましたが、字をみるとなんとなく分かりますよね?汗


くまもと住宅の窓口でも地震に強い家をご紹介しております。

備えあれば患いなし♪ です。

投稿日:2019/02/05   投稿者:吉田 光誠

こんにちは!

くまもと住宅の窓口です。

 

今回は住宅の「購入」と「賃貸」についてお話しさせて頂きます。

人生の転機において住まいの購入か賃貸かは一つの迷いになってくると思います。一概にどちらがいいとオススメすることは言えませんがメリット・デメリットをお伝えできればと思います。

 

早速「購入」についてですが、

メリットは、①資産として保有できる ②自分の好みに手を加えられる ③減税の優遇が受けられる等々あります。

デメリットとしては、①初期費用が必要になる ②簡単に引越しができない ③固定資産税がかかる等々・・

 

「賃貸」のメリットは①初期費用が抑えられる ②建物の維持費がかからない ③引越しが気軽にできる等々。

デメリットとしては①自己の資産ではない ②リフォーム等ができない ③税制が優遇されない等々。

 

いずれにおいてもメリット・デメリットがございます。

ただ住宅ローンで支払う金額と月々の家賃で比較すると大きな差ではありません。

そうなってくるとやっぱり悩み所ですよね。

住宅の窓口ではシミュレーション機能もついているので、お家賃と住宅ローンでの比較もされてみてはいかがでしょうか?

投稿日:2019/02/03   投稿者:吉田 光誠